楽天で500円以上お得に買い物する方法って?

創作アカウントの向こうにもちゃんと作者がいる話

ツイッターに「ゼロワンのワッペン作りました」とご連絡。

 

昨日息子が発熱して、ろくに寝られていない朝の私。

もう、嬉しくて嬉しくて

そりゃもう泣けるほど嬉しくて。

 

今、ネット上にはたくさんの創作アカウントがあって。

私のように趣味でインスタグラムに投稿している人から

ビジネスとして絵を描いている人もいて。

ブログなんかも、企業がやっているお役立ちサイトから

いつかどこかで必要な人に届いたらいいなって、時間をかけて書いている人もいる。

 

そして、その全てに共通しているのは

情報を出している人の全てに、心があるってこと。

ツイッターの「おはよう」という一言にだって、誰かの思いがこもっている。

だから、私も

誰かの絵を見て「うわー!!最高に面白いー!!めちゃくちゃに上手いー!!」

「この赤ちゃん、質感まで伝わってくる可愛さー!!」なんて一人画面の向こうで悶えているわけ。

でも、それを言ってあげたら、多分画面の向こうで同じように笑顔になってくれる人がいると思うの。

今朝の私のように。

 

だから、もし「これめっちゃいい!!」と思ったら

イイネでも、保存でも、コメントでも、メールでも

好意的なリアクションが来たらとっても嬉しいと思うの。

無理にではなくて、本当、そこは心の声がちょっと漏れちゃったぐらいでいいと思うの。

気の利いた一言なんていらないよ。

 

読み手であり、書き手であるので、

そう言った気持ちを自分から投げていこうと思う。積極的にイイネも、保存も、コメントも、DMもしてみようと思う!

 

とりあえず、言いたいことは

投稿している側にも人がいて、

読んでいる人ももちろんいるってこと。

 

最近独り相撲してるんじゃないかって葛藤しててさ。

でも、続けてたらリアクションがもらえるようになってめちゃくちゃ嬉しくて。

 

でもでも、(私ではないけど)善意で発信していることでも悪意のあるリアクションで辞めてしまうのを目の当たりにして。

だから、もっと相手がいることを考えたら、いいんじゃないかと思ってさ。

 

うまく伝えられないけど、もう少し、相手に寄り添った想像ができれば

きっと世の中はもう少し生きやすくなると思うんだ。

辛い時期だからさ、みんな、心温かく生きていこうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です