楽天で500円以上お得に買い物する方法って?

静岡県版♡恐竜に会えるスポットまとめ【公園・博物館・美術館】

こんにちはー!カムさんです。

2歳の息子がいつの頃からか恐竜にどハマリしまして。

グッズも増えたのですが、やっぱりテンションが上がるのは大きな恐竜たち。

そこで今回は、今までに回った公園等を中心に恐竜に会えるスポットをリストアップします。

はままつフラワーパーク

浜松 フラワーパーク 恐竜 滑り台

超ビッグ!恐竜滑り台に大興奮!

とにかく広大な敷地の中で、咲き誇る花々からミニ遊園地まで楽しめるはままつフラワーパーク

恐竜がいるのはその遊園地内。(ちなみに遊園地は超レトロ!!30代の私がかつて幼き頃に体験した遊具が目白押し)

小高い丘を登っていくと全長10m以上とも感じられる、大迫力の恐竜がお目見えします。

「うわー!!きょーーりゅーー!!!」と走りだすこどもたち。

お腹から滑り台が伸びており、小さな子でも楽しめる仕様になっています。

 

フラワーパーク自体はとても広く、恐竜がいるこども広場の他にも

滑り台のある遊具や大きな温室など、1日かけて遊べる施設です。

 

また、隣には浜松市動物園があり、共通入場券を購入すれば出入りも自由。

なお、動物園もとんでもない広さの為、親の体力が試されます。

帰りの車は爆睡必至。

「楽しかったね〜!」と思い出話に花が咲くスポット、ここにありです。

MEMO

場所:静岡県浜松市

大人入園料:季節で変動

子ども入園料:無料

なんと!「共通券」で浜松市動物園にも入園OK

参考 はままつフラワーパークこども広場

はままつフルーツパーク

これ本物!?動く!吠える!大型恐竜に大人もビックリ!

全長12mのブラキオサウルスをはじめ、リアルな恐竜にたっぷり会えるのがフルーツパークの魅力

特にスピノサウルスは迫力があり、うちの2歳は一発で号泣しました。

それぞれの恐竜に人感センサーが設置されており、前に立つと「ブォ オオー…」と低く吠えるリアル仕様。

大人もちょっと驚かされるほどです。

 

ちなみに、この公園の推しはその名の通り「フルーツ」なのでHPに恐竜のことは“イベント”としてのみ載っています。

せっかくこんなに迫力満点なのに、載せないのは勿体無い!!

と思っているのですが、どうなんでしょう?

MEMO

場所:静岡県浜松市北区

大人入園料:700円

子ども入園料:未就学児無料

参考 はままつフルーツパーク夢の恐竜ひろば

ちなみに、こちらの施設には大型遊具や室内大型エアートランポリンなど

子供の心を鷲掴みするスポットが目白押しです。

一回入ったら一生出てこないんじゃないかな?ってくらい楽しそうな遊具で溢れています。

ご覧の通り、遊具はとびきりキャッチーなフルーツモチーフ

あまりにも可愛いデザインに、いつもよりシャッターを多く切ってしまう親が続出です。

前回私が訪れた際には、このパイナップルの裏にお馬さん(本物)ゾーンが建設中でした。

まだまだ底知れぬ魅力があるようです。

東海大学海洋学部博物館・恐竜のはくぶつかん

化石派キッズはここで決まり!

恐竜からアンモナイト、海に住む首長竜まで化石をたっぷり堪能できるのがこの「恐竜のはくぶつかん」

歴史を感じる作りながら、その薄暗い館内に浮き上がる骨格標本にこどもたちの視線は釘付け。

トリケラトプスだー!!!と骨格でもしっかり理解しています。

 

同じ敷地内に水族館も併設されており、どちらもそこまで大きな施設ではないので共通券を買ってゆっくり楽しむのがおすすめ。

水族館では小さな子でも触れる体験型水槽や、クマノミゾーン、大型水槽など

小さいながらまた行きたくなる不思議な魅力がある施設です。

水族館に行ったら試してほしいコレ

入館するとすぐにある体験型水槽とキッズスペース。

クマノミの被り物?が無料で楽しめます。

多分、これ手作りなんじゃないかな・・・?

クマノミ二匹と飼育員さんのセットです。

兄弟で着てみました。

カムさん

激かわ!!
MEMO

場所:静岡県静岡市清水区

入園料:

駐車料金:1日500円

参考 東海大学海洋学部博物館恐竜のはくぶつかん

玄関前では「タルボサウルス」と「ケティオサウルス」の大型モチーフが。

タルボサウルスの顔がコミカルです。

ふじのくに環境史ミュージアム

見て学んで楽しめるのがココ!

通年で恐竜に会えるわけではないのですが、現在開催中の「大絶滅展」のように恐竜に関する催しが期待できるのがこちら“ふじのくに環境史ミュージアム”です。

 

会期:2019年11月30日(土曜日)~2020年4月5日(日曜日)

こども向けというよりは、大人の知的好奇心がそそられる作りなので

子どもは化石や黒板イラスト(圧巻!!)でごまかされつつ、大人はがっつり学んでください。ぜひ。

キッズスペースで子どもも大満足

恐竜を楽しみにしてたのに〜!なんて一発で黙らせるのがこのキッズスペース。

木のぬくもり感じるとても可愛らしい空間です。

MEMO

場所:静岡市駿河区

大人入館料:300円(企画展は別途)

子ども入館料:未就学児無料

駐車料金:無料

参考 ふじのくに環境史ミュージアムinfo

詳しいレポはこちらからどうぞ

これから行ってみたい恐竜スポットたち

我が家はまだ行ったことがないのですが、静岡県内にはまだまだ恐竜スポットがたくさんあります。

この3箇所は特に行きたい注目スポット。

  • 富士ジュラシックウェイ(静岡県/駿東郡小山町)
  • 伊豆アニマルキングダム(静岡県/賀茂郡東伊豆町)
  • 小室山公園(恐竜広場)(静岡県/伊東市)

制覇したら、また追記しますね〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です