新型コロナウイルスの休校対応に便利なサイトをまとめています【随時更新中】

新生児から生後4ヶ月♡抱っこひもマニアが選ぶシーン別抱っこひもはコレ!

抱っこ紐 生後 3ヶ月 三ヶ月

こんにちはー!

生後3ヶ月、入院騒動を含め何かとお出かけすることも多くなってきた今日この頃。

抱っこ紐マニアの私が行き着いた、シーン別おすすめ抱っこ紐が決まってきたので

新生児〜生後4ヶ月くらいのママに伝えたい、抱っこ紐の使い分け方法をご紹介します。

【こんな人におすすめ】
  • 今必要な抱っこ紐を見つけたい
  • 手持ちの抱っこ紐をイマイチ使いこなせない
  • 寝かしつけとお出かけ用の抱っこ紐を分けたい

カムさん

充実の抱っこライフを目指しましょ〜!

抱っこひも選びはなぜ悩むの?

抱っこひもには、ありとあらゆる種類があります。

  • 安定感はピカイチ【多機能型腰ベルトタイプ】:エルゴ、アプリカ、boba、ポグネー
  • 新生児も安定抱っこ【肩ベルトタイプ】:ベビービョルン
  • 肩の負担を軽減!【ヒップシートタイプ】:ポルバン、
  • 赤ちゃんを包み込む安心感【スリングタイプ】:bettaキャリーミー、北極しろくま堂
  • 圧倒的楽さ!昔ながらの【おんぶ紐タイプ】:おんぶ紐、北極しろくま堂
  • 赤ちゃん安心♡密着度に定評あり【ラップタイプ】:konny、ボバラップ、duasling、ポグネー
  • 抜群の手軽さ!【簡易スリング・クロスタイプ】:ベルメゾン、バディバディ、トンガ
  • 片手抱き感覚が新しい!【横抱き抱っこタイプ】:べべポケット

ザッとカテゴライズしてもこんなにあります。

その中で抱っこ紐を選ぶ際には、まず何を基準に選ぶのか?が重要になってきます。

抱っこ紐にも向いている使い方があるのと同時に、赤ちゃん・お母さんにも個性があることを理解することが大事です。

その上で今一番どんな状況で使いたいのかどんなシーンで抱っこをサポートして欲しいのかを考えてみましょう!

私のスタメン抱っこひもTOP3

新生児から4ヶ月までの現在

私のスタメン抱っこひもは3つ!

1:ベビービョルン

しっかりとしたホールド感と、長時間つけていても赤ちゃんのポジションがズレない安定感が魅力。

前バックルで装着も簡単、別パッドを使わずとも赤ちゃんの頭がガクンとならないデザインなのも好印象です。

デメリットは肩への負担が大きいこと。赤ちゃんの体重が増え、肩凝りが限界…!と思ったら腰ベルトタイプへの買い替えどきです。

2:duasling デュアスリング

dua sling duababy 抱っこひも 2019年抱っこ紐レポ第二弾!赤ちゃん育児中、心の支えになった一本とは?

以前レポートした、今話題のkonnyタイプの抱っこひもです。

赤ちゃんとお母さんを優しく包み込み、安心感のある密着度が魅力です。

持ち運びにはうってつけのコンパクトかつ軽量。バックルもなくサッと被ればいいという手軽さもポイントです。

デメリットは赤ちゃんやお母さんの動きで抱っこのベストポジションが動いてしまうこと。

付属の紐はあるものの、他の抱っこひもに比べると安定感は甘めです。

3:ポグネー抱っこひも

低月齢にも優しいラップタイプと、お母さんの負担を軽減する腰ベルトを組み合わせたハイブリット抱っこひも。

人気のラップタイプは気になるけれど、しっかりと安定感も欲しいといった欲張りママにおすすめ。

デメリットはいいとこ取りゆえに、ポーチに入るけど少し大きい。軽いけど腰ベルト部分がかさばる。など、特筆するわけでもないけどココが変わればいいんだけどな…というポイントが多いことです。

ポグネー 抱っこ紐 新生児から使える!ポグネー抱っこ紐“STEP ONE(一体型)”の魅力とは?【キッズデザイン賞受賞】

寝かしつけ

duasling:ラップ系抱っこひも
寝かしつけはこれ一択です!
上の子たちは添い乳で入眠タイプだったのですが、末っ子は抱っこゆらゆら派。
柔らかな布地で包まれるduasling(なんと天然素材!)は居心地がいいのか、すぐに寝落ちしてくれます。

カムさん

konnyも“ぐっすり抱っこひも”で人気ですよね!

下ろすときもバックル特有の「カチッ」という音がないので、ゆっくりと脱いで寝かせるとそのまま寝続けてくれることが多いです。

普段の買い物

スーパーはベビービョルン・コンビニはduasling:ラップ系抱っこひも
コンビニ程度の近場は、サッと装着できるラップ系抱っこひもが戦力です。
では、スーパーではなぜ使わないの?というと、腕が上げづらいからです。
我が家は特に子供が3人なので、末っ子を抱っこした後も
上の子を車から抱っこで降ろしたり、しゃがんだり高い場所のものをとったり…と何かと動きが多くなります。
そうすると、ホールド感のあるベビービョルンが活躍してくれるわけです。

通院・入院

duasling:ラップ系抱っこひも・ポグネー抱っこひも
つい最近、息子が発熱(生後3ヶ月)で入院になった際に活躍したのはまさにduaslingでした。
すぐに抱っこ、すぐにおろせる、狭い中でも邪魔にならない。
加えて、機嫌が悪い体調不良時なのでこの優しく包まれる感じが親子ともに安心でした。
ちなみに、抱っこしていないときはただの布に近くなるので
こんな風にアイマスク的に使ったり、息子の掛け物がわりに使ったりと抱っこひもとしての用途以外にも重宝しました!

長時間のお出かけ

ポグネー抱っこひも
ポグネーのいいところは、ラップタイプの柔らかさもありつつ腰でもしっかり支えてくれるところです。
長時間のお出かけで気になるのは、ベビーへの負担
大人は疲れた〜!が言えるのでいいのですが、赤ちゃんはご機嫌で判断するしかないので難しいですよね。
そんな長時間のお出かけは、よく寝てくれて親も体が疲れにくいポグネー抱っこひもを選んでいます。
肌へのあたりも柔らかなので、擦れただけでも赤くなってしまう赤ちゃんの肌を守るのにも一役買ってくれていると感じています。
これは、上の子の運動会に出かけた時の写真。めちゃくちゃわかりにくいですが笑
開始から2時間抱っこ紐で寝てくれて助かりました〜!
おかげで上の子のお写真もバッチリ撮ることができました。

まとめ

シーンに合わせた抱っこひも選びで、大人もベビーも笑顔時間を増やしましょ〜!

カムさん

息子もだいぶ重くなってきたので、また新たな抱っこひもステージに突入だよ〜!ご存知エルゴも登場予定〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です